AGA 増毛・育毛

女性の薄毛を解決!治療法・費用をまとめて紹介

投稿日:

薄毛といえば男性の症状!と思われがちですが、女性も年齢を重ねるにつれて髪のボリュームがなくなり、急に老け込んだ印象になってしまう…ということがありますよね。今回はそんな女性向けに、女性の薄毛の治療法をご紹介していきたいと思います。

女性の薄毛の原因って?

まず女性が年齢を重ねるにつれて髪のボリュームが減っていく原因を確認していきましょう。女性の薄毛を確認する上で知っていたいのが男性の薄毛の原因AGA。AGAは男性ホルモン、テストステロンがジヒドテストステロンに変化することから発症します。男性も女性同様に加齢によって症状が悪化することも多く、このホルモン変化が起きやすい体質なのかによって個人差がでます。女性の場合も同様に男性ホルモンを少なからず有しているので、ホルモン変化を引き起きしています。女性の場合、圧倒的に女男性より女性ホルモンを多く体内に保有しています。この女性ホルモンは髪の毛を育てる働きをします。女性ホルモンが多い若いうちは男性ホルモンの変化よりも女性ホルモンの働きが勝るため薄毛に悩む人は少ないですが、年齢を重ねて女性ホルモンが減ってくると、今まで隠れていた男性ホルモンの変化が露わになり、全体的にボリュームダウンしてしまうのです。

治療方法

  • パントガール

こちらはFAGAに対応する治療薬です。主な成分はパントテン酸カルシウムとケラチンで、パントテン酸カルシウムは糖分、資質タンパク質などの栄養素、ケラチンは髪の毛の90%を占めるタンパク質です。栄養素を多く取り込むことで発毛促進が期待できる薬です。3ヶ月善前後から効果が発揮されると言われているため継続的に服用する必要が有ります。費用としては、1ヶ月12,000円〜15,000円くらいが目安になります。

  • ミノキシジル

こちらも治療薬で、もともと高血圧患者向けに開発された血流を拡張させる薬です。血流が拡張されると様々な栄養素が毛細血管の隅々まで行きわたることから、育毛に効果があると言われています。実際に高血圧患者の中にはこの薬を服用したことで毛が濃くなるといった副作用を起こしていることからも効果が実証されています。日本ではリアップが有名な外用薬ですが、より効果の高いもので内服薬もクリニックで処方してもらうことが可能です。費用としては、3,000~7,000円くらいが目安となります。

AGA・薄毛に有効とされる治療薬ミノキシジルタブレット・ミノタブとは

  • メソセラピー

メソセラピーは薄毛に有効な成分を直接頭皮に注入する治療法です。主にアミノ酸やビタミンなどの栄養素とミノキシジルなどの血管拡張剤などをブレンドして注入していきます。クリニックによってブレンドは違い、個々にカスタマイズしているクリニックもあります。治療期間は6ヶ月が一般的で月に一度注入していくことが多いです。副作用がないことで選択することが多い治療法でもあります。費用としては、200,000〜400,000円くらいが目安となります。

最新の薄毛治療メソセラピー療法・HARG治療とは?メリット・デメリットは?

  • HARG療法

HARG療法は別名再生医療。必要な成分を頭皮に直接注入するという点においては、メソセラピーと変わりません。一番大きく違うのは、細胞から幹細胞を取りだし、幹細胞に含まれる成長因子をタンパク質とともに注入する点。費用は他の治療法より高いですが、発毛に対する根本的なアプローチのため、服薬治療のように継続的な治療は必要ありません。費用としては、800,000〜1,200,000円(1クール)が目安となります。

最新の薄毛治療メソセラピー療法・HARG治療とは?メリット・デメリットは?

  • 自毛植毛

自毛植毛は自分の元気な髪の毛を頭皮部分から採取し、薄毛がきになる部分に移植する方法です。頭皮の一部分を切り取るやり方や、ストローのように必要箇所だけくり抜くやり方があり、傷跡や定着率によって選ぶ必要があります。一度定着してしまえば、その後の手術は不要です。傷跡が目立ちやすいのでヘアスタイルを短くしたい方にはあまりお勧めできません。費用としては、 650,000〜2,000,000円くらいが目安となります。

自毛植毛とは?手術方法は?メリット・デメリットは?

まとめ

女性の薄毛の治療法はたくさんありましたね。どこまでお金をかけるか、どこまで薄毛が気になっているのか、どこまで薄毛が気になっているのか含めて自分に一番合う方法を探してみてください。

-AGA, 増毛・育毛

Copyright© HairPlus(ヘアープラス) , 2018 All Rights Reserved.