AGA

薄毛の悩みはどこに相談するべき?病院?クリニック?違いは?

投稿日:

「薄毛の悩みをどこに相談したらいのか?」、聞かれると、なんとなくは答えられますが、しっかりと考えたことがない人がほとんどではないでしょうか。

薄毛の悩みは一般的に美容に関連することなので、美容皮膚科が選択肢には入ります。大きく分けると「皮膚科(美容皮膚科含む)」と「薄毛専門クリニック」になります。皮膚科の多くは病院・医院の名称が多く、美容皮膚科や薄毛治療・AGA専門などになると、クリックの名称が多くなります。基本的にはどちらも医療機関です。医師を始め、従事するスタッフも国家免許の看護師の資格をもっているので、安心できます。

頭皮の状態が良くないときはまず皮膚科へ

頭皮が赤みを帯びる、痒みやフケが多く出る、頭皮がいつも以上に油っぽく感じる、この様な時はまず皮膚科(病院)で頭皮の状態を診断してもらいましょう。

もちろん、薄毛専用クリニックでも同様の診断は可能ですが、状態から単純な薄毛ではない可能性が高いです。薄毛対策のためにも、まずは頭皮の状態を整えることが第一優先です。

内科や消化器科という選択肢

稀ですが、内臓疾患などから頭皮で炎症が起き、薄毛になるケースもあります。この場合、皮膚科医から紹介状をもらい、内科や消化器科に行き、消化器系の状態を確認しましょう。

体の消化→吸収→排出のサイクルが乱れると、細胞の入れ替わりを阻害します。つまり、髪の生成・成長が阻害されます。薄毛治療ではバランスのとれた食事と、質の高い睡眠が求められます。2つ要素がが頭皮のコンディションはもちろんですが、細胞の活性化、代謝の活発化を促します。結果的に、今ある毛が元気に育ち、新しい元気な毛がはえてきます。

クリニックは目的を持って向かう場所である

薄毛専用クリニックやAGAクリニックは、しっかりとした意志・目的を持って行きましょう。確実な薄毛治療がしたいという人向けの医療機関であり、薄毛治療におけるメリットだけではなく、デメリットやリスクなども説明されることがほとんどです。

医薬品の処方や、皮膚移植なども行うのがクリニックであり、皮膚化よりも進んだケア、治療、対策、が行えます。さまざまな制約や弊害なども出てきますがその分、高い効果も出ます。気になる方は、一度カウンセリングを受けてみるだけでも頭皮がどのような状態であるのか、毛根が死んでいないかどうかなどを知ることができるのでマイナスはありません。薄毛クリニックの医師は皮膚科を主とした専門医です。不安に思うことなどがある場合は確認もできるので安心できるともいえます。

クリニックは保険がきかない治療もある

医療機関に分類されるクリニックですが、ほとんどが保険の効かないため高額治療となります。皮膚移植を行う「植毛」なども、保険適応外のことが多く、効果は高くともなかなか実行できないものです。クリニックなどでは高額の場合は分割や医療クレジットなどを組める場合もあるので担当医に相談することがベストです。

また、処方される薬などでも1万円前後になります。1回当たりは安い薬ですが、長期的に見ると植毛やメソセラピー療法などのほうが安くなることもあります。治療の方針を決める際には費用、期間などを担当医に伝え計画を立てましょう。

-AGA
-, ,

Copyright© HairPlus(ヘアープラス) , 2018 All Rights Reserved.