食事

薄毛に効く食べ物は?栄養は?「唐辛子」と「大豆」で薄毛対策!

更新日:

この記事では、薄毛に効く食べ物として、唐辛子と大豆を紹介しています。結論としては以下の通りです。

唐辛子のカプサイシンと大豆のイソフラボンが薄毛に効果的である
カプサイシンは血行促進や代謝促進に効果的である
イソフラボンは男性ホルモンを抑制し、女性ホルモンの生成に効果的である

以上となります。では、それぞれの詳細について詳しく見ていきましょう。

薄毛に効く食べ物「唐辛子」のカプサイシンとは?

主に唐辛子に含まれるカプサイシンには血行を促進し新陳代謝をよくする効果があり、発汗作用や血行促進などに繋がります。特に血行促進は薄毛対策に有効で、体の末端である髪に栄養を届けることが出来るようになります。ただ、カプサイシンだけを大量に摂取すると、胃に負担がかかり、そもそも体に十分な栄養が取り込めなくなるので注意が必要です。

薄毛に効く食べ物「大豆」のイソフラボンとは?

薄毛の原因は男性ホルモンの過剰分泌とも言われていますが、イソフラボンには男性ホルモンの分泌を抑制する働きと、合わせて女性ホルモンの生成に必要な栄養素が多く含まれており、薄毛対策と発毛促進が同時に行えます。

また、イソフラボンには胃の動きを助ける効果もあるため、先ほど紹介したカプサイシンと一緒に摂取することで、カプサイシンの胃への負担も軽減できるので非常におすすめです。

料理での対策では物足りない方へ

ご紹介した、カプサイシンやイソフラボンの摂取で対策ができるのは、薄毛の初期の対策程度です。進行が進み、薄毛を実感する様になってからでは料理だけでは十分な対策は難しいです。その場合は、是非専門医に相談してみましょう。ヘアチェックは無料で受けることができ、今なら無料の増毛体験を受けることも可能です。是非、お近くの店鋪でまずは専門医に相談を行ってみてはいかがでしょうか。

-食事

Copyright© HairPlus(ヘアープラス) , 2018 All Rights Reserved.