食事

薄毛予防の食事とは?ワカメよりも食べるべき食材

更新日:

髪の毛が薄くなってきた・・・

と気にしだした方の多くは食生活の乱れが原因であることが多いです。今回の記事では薄毛を予防または改善するために食べるべき食材を紹介します。「ハゲはわかめ食えww」みたいなことを世の中ではよく耳にしますが、本当にハゲが食べるべき食材はわかめではありません。

男性ホルモンの働きを抑える大豆

まず、薄毛の予防や改善を行う際、積極的に摂取すべき食材は大豆製品です。例えば納豆や豆腐です。大豆製品には大豆イソフラボンという成分が含まれており、大豆イソフラボンが薄毛の予防・改善のためには非常に効果的な役割を果たします。

具体的には、大豆イソフラボンは体内でエストロゲンという女性ホルモンと似たような働きします。大豆イソフラボンの働きによって薄毛の原因と言われる男性ホルモンの活発化を抑制します。ちなみに、「薄毛の原因と言われる男性ホルモンの活発化」に関して補足すると、90%以上の男性の薄毛の原因とされるAGAという症状がまさに男性ホルモンの働きが活発化することによって薄毛が起こっています。

髪の毛のもともなる亜鉛を多く含む青魚

髪の毛の生成にはアミノ酸やビタミンなどの栄養素が必要です。その中でも髪の毛をつくるために欠かすことのできない栄養素が亜鉛です。

わかめを食べてミネラルを摂取しても、たんぱく質をたくさん摂取しアミノ酸を増やしても、ビタミンを摂取しても、それらの栄養素を元に髪の毛を形成する大本は亜鉛なので、亜鉛が体内で不足するといみがありません。そして亜鉛を豊富に含んでいるのが青魚です。青魚とはイワシ、サバ、サンマのようないわゆる背中の部分が青い魚です。

ビタミンを豊富に含んだ緑黄色野菜

薄毛予防や対策を考えた時には積極的に緑黄色野菜を食べることは欠かせません。

緑黄色野菜には髪の成形の原点となる毛母細胞の細胞分裂の働きを促進するビタミンB群を多く含んでいます。且つ、血行が良くなり髪により多くの栄養が運ばれます。緑黄色野菜ととは、がぼちゃ、ホウレンソウなどです。1番簡単に摂取できるのが青汁なのでおすすめです。

最後の小言

薄毛の症状に悩み始めた人も薄毛になりたくない人もしっかりと食生活を見直すことで十分に薄毛対策をすることが出来ます。高いお金を出して病院に通う前に、効果があるか良くわからない育毛剤を使う前に、ハゲは自分の人生と自暴自棄になる前に、まずは食生活を見直してみてください。

-食事
-, , ,

Copyright© HairPlus(ヘアープラス) , 2018 All Rights Reserved.