増毛・育毛

薄毛が多い仕事はXXだった件。薄毛を避けたい。そうだ。今すぐ転職だ。

更新日:

この記事では、薄毛の多い職業を調べた結果、薄毛に近づくいくつかの条件に当てはまりそうな職業をピックアップした記事です。結論としては以下の通りです。

薄毛に近づく5つの原因は以下の通り。

・睡眠不足
・栄養の偏った食事
・お酒、タバコ
・過度なストレス
・そして遺伝

普段の生活の大半は仕事の時間。薄毛に近づく上記原因を仕事上で如何に避けるかが、薄毛から遠ざかる唯一の必勝法です。

薄毛率の高い恐るべき職業ランキングは以下の通り。

1位:企画、マーケティング(66.7%)
2位:営業(56.7%)
3位:技術職(49.4%)
4位:その他(47.5%)
5位:人事、総務(45.6%)
6位:IT専門職(37.5%)

企画、マーケティングにおいて、薄毛5つの原因に少なくとも3つ以上は当てはまりそうな気がします。

・(忙しいので)睡眠不足→物理的に忙しい。
・(忙しいので)栄養の偏った食事→食事の時間もまちまち。
・(忙しいので)お酒、タバコ→間違ったストレス発散。
・(忙しいので)過度なストレス→うまくいかない計画。
・(忙しいので)そして遺伝→父親も親戚も企画、マーケティング職。

この記事を書く前の僕は、「いやいや、それマジですか。」って疑ってた自分を否定しがちな根拠が、にわかに見えてきた気がします。

周辺を見ると、確かに企画、マーケティング職についている人の薄毛率は高確率。つまり企画、マーケティング職は危険です。

企画、マーケテイングの上位互換。経営者の大半はハゲだった件。

企画、マーケテイング職の恐ろしさは前述したとおりですが、企画、マーケテイング職の上位互換でもある経営者はもっと恐ろしいことになっていました。

ジェフリー・プレストン・ベゾス
アメリカ合衆国の実業家、作家、教育者。Amazon.com の共同創設者でありCEO、取締役会長、社長。
ジョン・フランシス・“ジャック”・ウェルチ・ジュニア
アメリカ合衆国の実業家。1981年から2001年にかけて、ゼネラル・エレクトリック社の最高経営責任者を務め、そこでの経営手腕から「伝説の経営者」と呼ばれた。
スティーブン・ポール・“スティーブ”・ジョブズ
アメリカ合衆国の実業家、資産家である。アップル社の共同設立者の一人である。アメリカ国家技術賞を受賞している。

そして我が日本国を代表する経営者と言えば・・

孫 正義
日本の実業家、資産家。ソフトバンクグループの創業者として知られ、ソフトバンクグループ株式会社代表取締役社長、ソフトバンク株式会社代表取締役会長、福岡ソフトバンクホークスのオーナーなどを務める。

まさに(( ;゚Д゚))ガクブルな結果になってしまった今回の結果ですが、薄毛が多い仕事は企画・マーケティング職であり、企画・マーケティング職の上位互換である経営者はもっと危なかった。という結論で締めせていただきたく思います。

薄毛のみなさんに神のご加護がありますように。

-増毛・育毛
-, ,

Copyright© HairPlus(ヘアープラス) , 2018 All Rights Reserved.