AGA 増毛・育毛

薄毛・ハゲは遺伝する?遺伝の場合と遺伝ではない場合の対策は?

投稿日:

父親もおじいちゃんもみんな薄毛…。これは自分も将来ハゲるのでは?と心配になりますよね。今回は遺伝の薄毛とそうでない場合の薄毛、どちらの対策方法もご紹介していきます。

AGAは遺伝する?!

AGAはそもそも遺伝する症状なのでしょうか。じつはこれは事実で、実にAGA患者の25 %が遺伝性のAGAと言われています。ただし、正確に言うとAGAの症状が遺伝しているのではなく、あくまでAGAを引き起こす原因物質の増加が起こりやすい体質が遺伝しています。ではその原因物質とはなんなのでしょうか。それが5αリダクターゼ。5αリダクターゼは男性ホルモンであるテストステロンをジヒドテストステロンに変換する際の変換酵素となる物質です。テストステロンがジヒドテストステロンに変化すると、ヘアサイクルの乱れを起こし、薄毛になります。5αリダクターゼはつむじや生え際に多く存在していることからも、AGAとの関係性が深いことをあらわしていますよね。

特に、遺伝の場合80%以上が母型の遺伝の影響を受けると言われています。男女の性別にはX染色体とY染色体が関係している…といった内容を学生時代に勉強したのを皆さん覚えていますか?女性の場合の組み合わせはXX、男性の場合はXY。男性の場合、X染色体を母親から、Y染色体を父親から受け取ります。5αリダクターゼの活性度合いを決める遺伝子はX染色体に存在するため、遺伝の場合、影響を受けるのは母型の家系と考えていいででしょう。100%とは言えませんが遺伝によるAGA発症を疑う場合は、母型の家族の状況を確認してみると良さそうですね。

遺伝以外の可能性

先ほどAGA患者の25%が遺伝と伝えたように、裏を返せば75%の人が遺伝以外の可能性でAGAを発症しています。AGAのメカニズムは先ほどお伝えしたように男性ホルモンの変化によって引き起こされるという点は、遺伝だろうと遺伝でなかろうと変わりません。しかし、日々の生活習慣によってその体質が引き出されてしまうかは別の問題です。過度のストレスや食生活の乱れ、睡眠不足、喫煙などAGAを誘発してしまう原因はたくさんあります。また、AGAかと思っていたら別の皮膚病だったという可能性も。頭皮が必要以上にベタベタと脂ぎっているようでしたら、脂漏性脱毛症という病気の可能性もありますし、ストレスによる円形脱毛症の可能性もあります。AGAとは言い切れない頭皮トラブルを抱えている場合は、下手に自己治療せずに医師に相談するようにしましょう。

対処法の違い

では、遺伝の場合と遺伝でない場合の対処法についてお伝えしていきます。結論からお伝えすると、根本的な症状の原因は同じなので、対策方法に差はありません。現状テストステロンからジヒドテストステロンに変化する働きを抑えるためには、服薬治療が主に行われている方法です。高価な治療法であれば再生医療などもありますが、ダイレクトに男性ホルモンの変化に訴えかける治療法は服薬治療になります。ただし、この治療法も5αリダクターゼには二種類の型が存在するため、原因となっている型が外れていると思ったような効果はでません。最近では遺伝子検査も手軽に自宅で行えるようになりましたので、正しい治療法で治療を開始できるように、まずは遺伝子検査を行ってみるのもおすすめですよ。

また、自分はまだしも将来の子ども達に同じ苦労を味合わせたくない…と思っている人もいるのではないでしょうか。残念ながら、現状遺伝レベルで根本的な解決を行うことは難しく、現状の最善の策は早めに遺伝子検査を行って、来るAGA発症に備えて早めに治療を開始することです。また、薄毛になりやすい遺伝子だからといって必ずしも発症するわけではないので、日々の生活習慣に注意して発症しにくい健康な毎日を送るようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?遺伝、遺伝ではないに関わらず対策方法に違いはありませんでしたね。まずはAGAかどうか確かめることが先決。気になる方はクリニックに行ってみてください。

-AGA, 増毛・育毛

Copyright© HairPlus(ヘアープラス) , 2018 All Rights Reserved.