食事

お酒(アルコール)で薄毛が進む!?関係性は飲み会でできる対策は?

更新日:

この記事では、お酒と薄毛の関係と、お酒の席で出来る薄毛対策をご紹介致します。内容をまとめると以下の通りです。

・お酒と薄毛の関係性:お酒を飲む→アルコール分解→アセトアルデヒド生成→アセトアルデヒド分解→アミノ酸、ビタミンの消費→髪に必要な栄養素の減少→薄毛
・アルコールの分解で体が活動状態となり、深い眠りが減少することで、成長ホルモンの分泌が減少し、髪の生成・発育が妨げられる
・お酒の席で枝豆とトマトを食べることで、アルコールの分解を促進し、かつ枝豆とトマトに含まれる栄養素が薄毛予防になる。

以上について、早速細かくみていきましょう。

お酒・アルコールと薄毛の関係性:栄養素の消費

お酒と薄毛の関係について詳しく紹介します。体内に入ってきたお酒は肝臓でアセトアルデヒドという有害物質に分解されます。さらにアセトアルデヒドを分解する際、システイというアミノ酸や、ビタミンB1、亜鉛といった栄養素が大量に消費され、髪に必要な栄養素が行き届かなくなり、薄毛を促進します。特に亜鉛は体内で生成されない成分なので、不足しがちの栄養素です。亜鉛不足は発毛サイクルに大きく影響してくるため、かなり痛手です。

 

お酒・アルコールと薄毛の関係性:睡眠

お酒を飲むと眠くなり、寝入ってしまう方もいます。ただ、お酒を飲んだ後の睡眠ではアルコールの分解を行うため、体は活動状態にあります。活動状態にあると、深い眠りにつくことができず、結果的に成長ホルモンの分泌量が減少します。成長ホルモンは、発毛・育毛のかなめとなる毛母細胞を活性化させる効果があり、非常に重要です。ただ、成長ホルモンは生命に重要な個所から消費されていき、髪には普段からほぼ行き渡りません。その中で、お酒により成長ホルモンの分泌が減った状態になるのは致命傷です。

明日から実践できる!飲みの席で出来る薄毛対策

お酒・アルコールと薄毛の関係性を理解し、震えている方も多いでしょう。大丈夫です。飲みの席でも、食材によって薄毛対策ができます。飲みの席で積極的に食べた方が良い食材は「枝豆」「トマト」「鶏肉」「レバー」です。
枝豆・トマトには、アルコールの分解で消費されるビタミンが多く含まれています。更に、アルコールの分解自体も促進してくれため、薄毛を促進させるアルコール分解という悪魔的な時間を短縮できます。鶏肉にも、アルコールの分解で消費されるアミノ酸やビタミンが豊富に含まれています。更に、亜鉛も含まれているため発毛に必要な栄養素を効果的に摂取できます。亜鉛で言えばレバーが最も多く含ま含まれているため、レバーも非常におすすめです。紹介した食材から、焼き鳥屋は飲み屋としては非常に優秀なので、明日からの飲み会で幹事になった場合は、迷わず焼き鳥屋を選びましょう。

-食事

Copyright© HairPlus(ヘアープラス) , 2018 All Rights Reserved.