AGA

薄毛の原因は?特徴は?対策は?薄毛対策のタイプ別まとめ

更新日:

薄毛の原因はいくつかありますが、まず、男性と女性で大きく変わってきます。女性の場合は元々発毛に必要な女性ホルモンを持っているので、髪が薄くなる要素としては、ホルモンバランスの乱れやストレス、出産、加齢などがあります。男性よりも軽度であることが多く、対策もしやすいと考えていいでしょう。男性の場合は、発毛に必要な女性ホルモンがもともと少なく、対策なども少し難しくなってきます。また、女性同様にストレス、加齢、栄養不足なども大きく関連してきます。 それぞれに共通していれることは、薄毛になる理由や、薄毛に関する知識を十分につける必要がまずあり、その後、最適な対策を行うことです。今回、薄毛の特徴や対策をご紹介するのでしっかり理解してください。

薄毛のタイプ別の特徴を理解する

薄毛には大きく分けて前からくるM型、頭頂部からくるO型があります。2つが融合した場合、後頭部と側頭部の方にだけ毛が残った状態、サザエさんの波平さんみたいなイメージのU型となります。M型か、O型の時点で対策をすれば、薄毛を食い止められる見込みが非常に高いです。U型になってしまうと、大掛かりな対策が必要でコストも、時間もかなりかかってきます。

M型・O型の対策はデイリーケアからスタート

M型、O型はデイリーケアでも有効な薄毛対策ができます。対策の期間としては、頭皮ケアの基本最低1か月前後続けなければ効果を感じることは少ないです。これは毛髪の発毛周期、皮膚の入れ替え、血管細胞の交換などもあるからです。ちょっとした変化であれば、デイリーケアを始めて1週間程度で感じる場合もあるそうです。この変化を繰り返すことで「効果」に変わります。デイリーケアは特別な道具などは必要としないものから始め、シャンプーブラシや海泥系シャンプーなどと段階を経てグッズを増やしていくのが最短コースといってもいいでしょう。

U型への対策は植毛

U型は頭皮が皮膚化している場合が多く、育毛剤などでは対策が難しくなっています。この場合は薄毛専用クリニック、AGA治療クリニックの受診がオススメです。受診すると植毛を勧められることが多いはずです。理由は、U型の場合、後頭部の毛髪はしっかりと生えているケースが多く、後頭部の毛根がまだ活性化している頭皮を、頭頂部へ移植することで、発毛に繋げることができるからです。他にも、頭皮ではなく、後頭部の毛髪だけを移植する手術や、様々な方法が出ているので、解決策をいくつか持っておくためにも、クリニックでしっかり話を聞きましょう。海外では植毛は活発に行われていますが、日本ではどこか抵抗感を持たれがちでした。ただ、近年は日本でもこの植毛を行うAGAクリニックが増えており、確実な発毛を促せるという面からもメリット希望する人が多いのも実情です。

頭皮を硬くしてはいけない

薄毛対策の最も基本的なことが、頭皮を柔らかい状態に保つことです。頭皮が固くなることで末梢血管なども圧迫されてしまい、血行不良に陥ってしまいます。これは古い細胞や老廃物などの排出が乱れてしまい、発毛はもちろんですが新しい頭皮を作る面も阻害してしまいます。末梢血管の拡張なども考えると効果的なのはシャンプーの際に生え際と頭頂部をメインにしっかりと洗い、しっかりとすすぎ、しっかりと頭皮をドライヤーで乾かすことです。いわゆる、デイリーケアをしっかりと行い、薄毛の進行を防ぎましょう。

-AGA

Copyright© HairPlus(ヘアープラス) , 2018 All Rights Reserved.