増毛・育毛

薄毛とストレスとの関係性とは?対策は?

更新日:

この記事では、薄毛とストレスの関係性についてまとめられています。結論としては以下の通りです。

  • ストレスを感じなくても1日に髪は100本程度抜ける
  • ストレスを感じ、血行が悪くなり脱毛・薄毛を進行させる
  • ストレスを感じ、内蔵系の活動が弱まり、髪に栄養がいかなくなり、脱毛・薄毛を進行させる
  • ストレスで抜けた髪と薄毛で抜けた髪の違いは、長さと太さ

「最近、髪が薄くなってきた?」「ストレスが原因?」と思う方は、①自然に抜ける髪のメカニズムを理解する、②ストレスによる薄毛や抜け毛のメカニズムを理解する、③薄毛による抜け毛とストレスによる抜け毛の違いを理解していきましょう。

自然に抜ける髪のメカニズム

髪は、『成長期5〜7年→退行期約1ヶ月→休止期約3ヶ月→脱毛』というサイクルを繰り返します。詳しくお伝えすると、人の髪の毛は約10万本程度あり、その中で休止期の状態の髪の毛は約10%を占めます。3ヶ月で10万本の内の10%、つまり1万本が抜けます。1日にすると約110本が自然に抜ける計算になります。つまり、毎日ある程度の髪が抜けるのは問題ではありません。

ストレスによる薄毛や抜け毛のメカニズム

人間の体はストレスを感じると常に緊張した状態になり、血管が収縮します。血管の収縮は血行不良を引き起こします。結果として、髪に栄養が行き届かなくなり、脱毛・薄毛を進行させます。更に、脳がストレスを感じると外的から身を守るために表面的な筋肉に力が入り、内臓系の活動を弱くなります。そのため、食事をしても消化・吸収が十分に行われなくなり、発毛に必要な栄養が髪に届かなくなり結果、脱毛・薄毛を進行させます。また、ストレスなどの外的要因による影響を真っ先に受けるのが生命の維持に直接影響しない髪・爪・肌などと言われています。そのため、ストレスを感じると髪が抜けたり、肌荒れが起きたりするのです。

自然に抜ける髪と薄毛で抜けた髪の違い

自然に抜ける髪と、そうではない髪を見分けるポイントがあります。髪の長さと、太さです。自然に抜ける髪は成長が終わった髪なので、カットしていない限り長く、太い髪の状態で抜けます。一方、ストレスが原因で抜けた髪は栄養が十分に行き届いていないなどの理由から髪が抜けるサイクルの途中で抜けているため、短く細い髪となります。薄毛を心配されている方、まず抜けた髪を少し見て前よりも、短く細くなっていないか確認してみましょう。

ストレスによる薄毛対策には頭皮マッサージ

ストレスによる薄毛の対策として効果的なのは、頭皮マッサージです。緊張による頭皮のコリ解消や、血行改善、リラックス効果があるので頭皮マッサージは効果的です。最近では、家庭用の頭皮専用マッサージ機も販売されています。毎日、楽に、気持ちいいマッサージが受けれるので、値段は少しお高めですが非常におすすめです。

特におすすめなのが、パナソニックのEH-HE97-VPです。この頭皮マッサージ機はお風呂でシャンプーをしながらでも使えます。2タイプのブラシを使い分けることにより、自宅でレッドスパ体験が出来ます。毎日繰り返し使うことで、頭皮のマッサージにもなり、ストレスによる頭皮のコリも取れるでしょう。

対策をしても薄毛が気になる方は…

ストレスを取り除くを努力をしても、薄毛が進んでいる様に感じる方は一度自分の髪の状態や頭皮の状態を理解することが必要です。オススメはAGAクリニックなどでの問診やヘアチェックです。髪のプロがあなたの髪の状態を細かくチェックしてくれ、最適な対処法を教えてくれます。気になることをたくさん質問しても、優しく答えてくれるスッタフの方はさながら天使かガンジーです。有名なクリニックは全国に店舗を展開しているの、気軽に行ってみましょう。

無料でヘアチェック・相談・カウンセリングができる17クリニック

-増毛・育毛
-,

Copyright© HairPlus(ヘアープラス) , 2018 All Rights Reserved.