AGA 増毛・育毛

雨で薄毛になるってホント!?雨と薄毛の関係性は?対処法は?

更新日:

雨に濡れると薄毛になるなんて話を聞いたことはありませんか?濡れるだけで薄毛が進行するなんて怖すぎますよね…。今回はそんな薄毛と雨の実際の関係をお伝えしていきます。

薄毛になる雨とは

薄毛になる雨とは実際どんなものなのでしょうか?よく噂されているのが「酸性雨」です。酸性雨は雨・雪・霧などに二酸化硫黄(SO2)や窒素酸化物(NOx)を元とする酸性物質が溶け込むことで、強い酸性を示す雨のことです。髪の毛に関わらず、環境や生態系に悪影響を与えます。時には強い酸性が原因で、金属やコンクリートを溶かすこともある雨です。中国などの大気汚染に影響されて、酸性雨が降るのでは?という話も一時期でていましたよね。実際に人体に影響を及ぼす酸性雨が降るとなれば、髪の毛どころか生態系に影響があるわけですから、悠長に薄毛を心配している場合ではないことは皆さんもお気づきかと思います。では、どうして酸性雨=ハゲるという説がでてきたのでしょうか。それは酸=溶けるというイメージが皆さんの中にもあるからかもしれません。

実際の影響

そんなことを言っても、雨に濡れると薄毛になった気がするよ!という方に、酸性雨以外の原因を解説していきます。

  • 濡れて毛が束になる

髪の毛が濡れると当然ながら、髪の毛は濡れた部分を中心に束になります。普段は1本1本が独立してふんわりとヘアスタイルが決まっていても、束になってしまえば、薄毛の部分が目立ちます。急に髪が減ったように感じた!という人は雨を1つのきっかけにいままで少しずつ薄毛になってきていた場所に気づいたというのが正解です。まずは髪を乾かしてボリュームを確認してみるといいでしょう。

  • 濡れたままは髪にダメージ

雨にはチリやホコリなどの大気の汚れが含まれています。よく、雨上がりの空が青く澄んで美しいのは大気の汚れを雨が洗い流しているからです。その汚れを浴びてしまっているわけですから、しっかり汚れを洗い流しましょう。ホコリやチリが毛穴に詰まると髪の毛が健康に育たなくなり、細くて短い毛を生み出してしまう原因となります。また、洗髪後はドライヤーで丁寧に乾かす作業が大切です。濡れたまま自然乾燥をしてしまうと髪の毛がしっとりとして指通りが悪くなるといった経験はありませんか?濡れたまま放置しているとキューティクルが開いたままの状態になり、髪が傷みやすくなります。それだけでなく、ずっと湿ったままの状態ですので菌が繁殖し、かゆみやフケを引き起こす可能性が高まるのです。髪が痛めば、当然絡まりやすくなりますし、ブラッシングをした際に切れ毛抜け毛の原因にもなってしまいます。じゃあ素早く温風で一気に乾かせばいいの?と思った方もいらっしゃいますよね。早めに乾かすことはいい心がけですが、早く乾かそうと意識しすぎてドライヤーを髪に近づけすぎる、同じ場所にずっとドライヤーをすることはオススメできません。温風の温度が高過ぎれば、これもまた頭皮を傷つけることに繋がります。また、ブラッシングしながらのドライヤーも気を付けましょう。先ほどお伝えしたように濡れた髪はデリケートですので、できれば半乾きに状態までは指の腹でマッサージするように優しくドライヤーをかけ、あと少しで全て乾くタイミングで絡まらないようにブラッシングをし、仕上げていくといいでしょう。

  • 頭皮の冷え

雨にぬれると体が冷えるように、頭皮も冷えます。冷えは血行を悪くし髪に必要な栄養を行き届かせる血液の働きの障害になります。頭皮の冷えが続けば髪も健康ではなくなってしまいます。雨に限らず髪の毛が濡れた際には、なるべく早く髪の毛を乾かすようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?雨が薄毛の原因ではなく、濡れた髪に対する対処法が薄毛を左右することがわかりました。何か迷った時には、それが頭皮環境に良いかを1つの指標にするといいかもしれませんね。

 

-AGA, 増毛・育毛

Copyright© HairPlus(ヘアープラス) , 2018 All Rights Reserved.