AGA サプリ

プロペシアの購入方法で気をつけるべきポイント

更新日:

AGAに悩む方の強い味方、プロペシア。実際に手に入れたくなった時、どこで手に入るのか、購入方法に関して確認していきましょう。

購入方法

プロペシアはどこで購入できる薬なのでしょうか?脱毛に効果があると言われる育毛剤や栄養補助食品は、ドラックストアや薬局でも販売されていますよね。プロペシアは「医療用医薬品」のため、育毛剤や栄養補助食品のようには購入できません。医療用医薬品とは医師の診断をもとに薬剤師が調剤してくれる薬品。プロペシアを購入する際にはまず病院やAGA専門クリニックで医師の診断が必要となります。

医師の診断をもとに処方される薬となると気になるのはお値段…。残念ながらプロペシアは保険適応外のお薬です。プロペシア自体の相場は1錠あたり200〜300円前後。1ヶ月で1万円程度の出費になります。薄毛の度合いによって許容できる金額も変わってくると思いますが、医師の診断によってはそもそもプロペシアの服用が適さない場合や、他の方法を勧められる場合もありますので、まずは一度医師に診断してもらうのがおすすめです。

個人購入のリスク

金額を気にしている人が辿り着きやすいのが個人輸入代行という方法。海外では日本とプロペシアの販売のルールが違うこともあり、個人輸入代行業者を通じて購入することも可能です。日本の代行業者もあることから英語を求められることもなく、比較的簡単に薬を手に入れることができます。もちろん輸入の代行を行うだけなので、医師の診断は必要とせず診断料金が減るという点でも金額を抑えることには繋がります。

ただし、医師の診断を受けずに服用を始めるということはリスクがありますのでおすすめできません。プロペシアが日本で医療用医薬品に指定されているのにはそれなりの理由があります。まず、副作用。プロペシアの有効成分であるフィナステリドは、服用することで肝機能障害や蕁麻疹、無精子症、勃起不全といった副作用が起こる可能性があります。(※副作用に関してはこちらの記事を御覧ください。URL)発症にはもちろん個人差がありますが、特に現在他の病気で治療を受けている人は医師に服用していいのか確認したほうがいいでしょう。また、使用方法。他の薬同様、正しい使用方法で服用をしなければ効果は出にくくなります。たくさん飲めば効果があがるというものでもありませんし、薬の性質上、効果がでていても服用をやめるとまた薄毛が進む可能性もあります。こういった薬の効果や使用方法をしっかり把握した上で服用を開始するためにも、医師の診断のもと使用するようにしましょう。

ジェネリック医薬品について

金額が気になる方におすすめしたいのがジェネリック薬品。プロペシアにはジェネリック薬品があります。プロペシアはアメリカのメルク社の商品で新薬として発売されたもの。新薬ですので研究開発の費用等で金額は高めになっています。その後、2015年には特許切れに伴ってファイバー社のフィナステリド錠というジェネリック薬品が登場。さらに2016年2月には日本の沢井製薬からもフィナステリド錠「サワイ」が発売されています。実際に価格を比較してみると金額が変わってきます。

  • プロペシア     一錠 約250円
  • フィナステリド錠  一錠 約230円
  • サワイ       一錠 約190円

一錠だと金額の差がわかりにくいかもしれませんが、1ヶ月30錠として考えると最大で1800円。6ヶ月で考えると10000円近くの差がでます。必ずしも調剤薬局で取り扱っているとも言えないので、ジェネリックを検討している場合には医師にその旨を伝え、使用できるか確認してください。

まとめ

プロペシアを購入する際にはまず医師に相談し、そもそも服用が必要か、服用する際には副作用や使用方法に関して疑問点を解消した上で上手に活用していきましょう。医師への相談も、ほとんどのクリニックで無料相談が可能なため、気になる方はまずは自身の髪の状態を確認する意味も含めて、無料相談・無料ヘアチェックに行ってみてはいかがでしょうか?

無料でヘアチェック・相談・カウンセリングができる17クリニック

-AGA, サプリ

Copyright© HairPlus(ヘアープラス) , 2018 All Rights Reserved.