AGA 増毛・育毛

最新の薄毛治療メソセラピー療法・HARG治療とは?メリット・デメリットは?

更新日:

最近のAGA治療の中で注目を集めているメソセラピーとHARG治療。薄毛は治したいけど、手術は嫌だな…という方にオススメの治療法です。今回はこの2つの方法に関して違いを解説していきます。

メソセラピーとは

メソセラピーは薄毛の気になる箇所にレーザーと超音波を当てる方法(ノーニードルメソセラピー)、または注射で発毛に効果のあるとされる成分を浸透させて方法があります。成分は、クリニックによって異なるものの、AGA治療薬として有名なミノキシジルやフィナステリド、アミノ酸やビタミンを混ぜ合わせたものになります。これらの成分を内服薬で摂る場合、効果が出るのに早くて6ヶ月。長ければ2~3年かかります。レーザーと超音波を駆使しますので、約半年から1年の間で効果を実感できるとされています。一度毛量が増えてしまえば、あとは内服薬で増えた健康な髪の毛を維持すればいいので、毛量を確認できた時点で内服薬に切り替えることも可能です。

HARG治療とは

HARG治療の施術方法に関しても、効果のある成分を浸透させていくという点では同様です。異なる点は浸透させる成分です。HARG治療の場合、ビタミンやアミノ酸に加えてHARGパウダーを浸透させていきます。このHARGパウダーは幹細胞から抽出された成長因子であるAAPEから生成されているものです。この成長因子は、毛根だけでなく、頭皮ごと薄毛に悩む前の理想的な状態に戻していくいわば再生医療の役割を果たします。頭皮環境の根本が改善されるわけですから、一度発毛が実感できればメソセラピーのように継続的な治療は必要ありません。

HARG治療のメリット・デメリット

このように並べてみると、HARG治療のほうがいいのでは?と思う方も多いとおもいます。しかし、HARG療法にもデメリットはあるのでメリットから順にお伝えしていきます。

メリット

  • 発毛が実感できれば継続的な通院、治療は必要無い
    継続的に薬を飲み続けるのは、ついつい忘れてしまったり意外に面倒なものですよね。毎日薬を飲むことに抵抗がない几帳面な方には必要ないかもしれませんが、面倒くさがりな方はこの方法が合いそうです。
  • 3ヶ月程度で発毛効果を実感できる
    やはり、この方法の良い点は効果が出るまでの期間が短いことです。短期集中で効果を出したい方にはオススメです。

デメリット

  • 料金が高い
    一回の施術にだいたい8万円かかり毎月1回施術を受ける必要があります。どんなに早くても3ヶ月と言われているため、3ヶ月で100万円近くのお金が必要です。ただし、治療後の服薬は必要無いといわれているため、内服薬を飲み続けるのとどちらが自分にあっているか判断したいですね。
  • 治療できない場合がある
    成長因子を利用して発毛を促していく方法のため、ガンを患っている方や過去に抗ガ剤の治療を行った方はこの治療法を使えません。成長因子は髪の毛だけでなく体全ての期間に影響を及ぼします。つまり、ガン細胞に対しても成長を促してしまうのです。
  • 痛みを伴う場合がある
    HARG治療はクリニックによっていくつかの方法で成分を浸透させていきますが、一番オーソドックスなものがパピュール法という方法です。この方法は頭皮と真皮の間に注射器で成分を浸透させていくため、針の痛みはもちろん浸透圧もかかります。そのほかにも表皮に注射をしていくナパージュ法やローラー状の針で転がすように成分を浸透させるダーマローラ法。レーザーもありますが、一番効果が早く出るのがパピュール法と言われています。速さを優先させるのであれば、痛みを乗り越えてパピュール法で手術するのがいいかもしれません。

メソセラピー治療のメリット・デメリット

HARG治療のメリット・デメリットを知っていただいたところで、メソセラピー治療のメリットとデメリットも詳しくみていきましょう。

メリット

  • 医師が常駐する機関でのみ実施される薄毛治療なので安心
    麻酔薬は医師免許を持った人しか扱うことができないため、麻酔薬を使うことも多いメソセラピー治療の施術は医師免許を持った担当医が行う場合が多く安心できます
  • 有効成分をダイレクトに毛根へ届けることができる
    有効成分が頭皮までに届く道のりを内服薬として比較した場合、内服薬の場合は全身の血管を通り最後に有効成分が頭皮に届きますが、メソセラピー治療の場合は直接頭皮に有効成分を浸透させることができます
  • 女性でも治療することができる
    メソセラピー治療は1人1人の薄毛の状態に合わせて薬剤や栄養を組み合わせた有効成分を作るため、女子でも受けることができます。昨今、女性の薄毛も問題視されてきている中で、発毛効果も高いメソセラピー治療は注目を集めています。

デメリット

  • 治療費が少し割高
    クリニックにも寄りますが、効果が見込まれる半年程度の継続的に利用する場合、20~50万円程度の費用がかかります。ただ、よく言われるAGA治療の内服薬を使う場合は個人で購入とうせず、クリニックで処方してもらった場合でも同じ位のお金がかかるので、一概に高いとも言えないかも知れません。
  • 副作用を感じている人もいる
    ノーニードルメソセラピーや注射による治療、両方で治療を受けた後、頭皮が赤みをおびる、痒みが出てくるなど副作用を感じている方も中にはいます。また、有効成分としてミノキシジル・フィナステリドを用いた場合、ミノキシジルを有効成分としているミノタブや、フィナステリドを有効成分としているプロペシアでみられる副作用の可能性も否定はできません。
  • 最新の治療のためデータが少ない
    メソセラピー治療は、新しい治療法ということもありまだ十分なデータが存在しておらず、その効果に対する明確な医学的根拠は発表されていません。心配な方は治療前に担当医師から十分な説明をしてもらうことをおすすめします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。第一に発毛効果を早く実感したいならメソセラピー療法とHARG治療。痛みが嫌で薬を飲み続けるのに抵抗がない場合はメソセラピー療法。薬が面倒で、手持ちのお金に余裕がある方はHARG治療を検討してみるといいかもしれません。

-AGA, 増毛・育毛

Copyright© HairPlus(ヘアープラス) , 2018 All Rights Reserved.