増毛・育毛 食事

発酵食品は薄毛・ハゲに有効!?救世主「IGF-I」とは?

投稿日:

「IGF-I」という単語聞いたことはありますか?今回、救世主ともいえるこの成分に関してご紹介していきたいと思います!

IGF-Iって何?

IGF-Iはインスリン様成長因子という成長因子です。インスリンによく似たホルモンで、インスリンは物質の代謝を促進するホルモンです。食べ物などを食べると短時間のうちに分泌されて、糖や脂肪の代謝を促進していきます。一方、IGF-Iは動物の発達段階に応じて分泌量がゆっくりと増殖していく細胞の働きをします。体の中の働きとしては、精子や卵の形成、体の発達や成長、老化の抑制などを行っています。また、IGF-Iは成長ホルモンが肝臓に働きかけることによって分泌が促されます。一般的に成長ホルモンによって成長や発達は促される!と思われがちですが、実際には成長ホルモンの働きによって増えたIGF-Iの増加による成長促進作用が大部分を占めていると言われています。先ほど動物の発達段階によって分泌量が増殖するとお話ししましたが、思春期を境にして年齢とともに減少するホルモンでもあります。分泌量を減らさないことがポイントとなりそうです。

IGF-Iの薄毛への効果は?

実は免疫力を高めたり、美肌効果などのアンチエイジング効果も期待できる物質なのがIGF-Iです。老化は薄毛の原因にもなるのをご存知でしたか?AGAは男性ホルモンの変化によって起こるのはご存知の方も多いと思います。このホルモンの変化は一般的に加齢とともに進みやすいと言われており、AGA治療ではこれを阻止する薬を処方されることが多いです。根本的に成長因子自体を活性化させるような方法としてHARG療法や再生医療がありますが、同様に成長因子を減らさない状態を維持することができれば、髪の毛が減る減少を防ぐことができるかもしれません。また、IGF-Iが分泌されると血流が促進されます。血流が促進されるということは、毛細血管の隅々まで栄養が血管を通して行き渡ることになりますので、髪の毛にも十分に栄養が行き渡ります。

AGAとは?AGAの症状・原因・対策は?

IGF-Iの摂取方法は?

では実際にどのようにして摂取することができるのでしょうか?食べ物から摂取したい場合にぜひとってほしいのが「カプサイシン」を多く含む唐辛子と「大豆イソフラボン」を多く含む豆乳や納豆などの大豆製品です。IGF-Iが増えるメカニズムには知覚神経が関係しています。知覚神経とは、痛みや熱さなどを感じる感覚などの神経でいわゆる五感です。これらが刺激されることにより、IGF-Iが分泌されます。カプサイシンやイソフラボンは頭皮や胃腸の知覚神経を刺激します。お腹の弱いひとは唐辛子のきいた料理を食べるとお腹を壊してしまったりしますよね。あの刺激が実は重要なんです。そのほかにもヨーグルトなどの発酵食品やしょうが、わさびなどの薬味、ワインのポリフェノールなども知覚神経を刺激する飲み物です。せっかく食事をとるのであれば少しでも発毛につながる食事をとるほうがいいですよね。普段の生活からとりいれていきましょう。さらに、生活習慣の改善もIGF-Iを増やすには重要な要素になります。そもそも髪の毛が育つ時間はお肌のゴールデンタイムと同じPM10時〜AM2時ごろ。その時間に良質な睡眠をとることが大切です。また、IGF-Iに関わらず喫煙は薄毛を誘発すると言われています。せっかく規則正しい生活をしても、喫煙をしていれば効果を妨げることに繋がりかねませんから、これを機に喫煙にチャレンジしてみるのもいいかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?薄毛治療というと医療機関で処方されたサプリメントや薬でないと摂取できないような成分が多い中、今回のホルモンは普段の生活から取り入れられるありがたいホルモンでしたね。まだ病院に行くほどではないけれど、今後が心配という方はIGF-Iの摂取から始めてみるといいかもしれませんね。

-増毛・育毛, 食事

Copyright© HairPlus(ヘアープラス) , 2018 All Rights Reserved.