サプリ シャンプー

髪からフケが出る!ひこう性脱毛症の前兆かも!?

更新日:

ふと洋服をみるとあれフケ?頭を掻くとたくさん出てくるという方。ひこう性脱毛症の原因かもしれません。フケの原因と脱毛症に関して見ていきましょう。

フケの原因って?

フケの原因は大きく分けて3つあります。1つ目は乾燥。冬の時期になると気になるという方もいらっしゃいますよね。乾燥によるフケは頭皮の皮脂が不足し、水分を保つことができなくなると、角質の結合力が弱まってフケが発生します。この場合細かいふけが発生することが多いです。2つ目は過剰な皮脂分泌によるものです。洗浄力の強いシャンプーを使っていると乾燥や過剰皮脂分泌につながることがあります。この場合湿った感じの大きいフケが発生することが特徴と言われています。3つ目が病気です。フケの病気といえばしらみという虫が寄生している可能性をご存知の方も多いはず。しらみは肉眼で確認できる虫で動いていることも確認できます。ただ、しらみやその卵はかなり強く髪にへばりついているため、しらみの場合はすぐに皮膚科に行き専用のシャンプーと駆除用の櫛を購入するようにしましょう。その他にも様々な皮膚病の可能性がありますが、薄毛を伴う場合にはひこう性脱毛症の可能性があります。

ひこう性脱毛症とは

ひこう性脱毛症とはなんらかの原因で発生した大量のフケが毛穴を防いでしまい、髪の成長を弱めると共に雑菌の繁殖を促すことで発生してしまう脱毛症です。あくまで「大量のフケ」による2次被害ですので、多少フケがでることで脱毛するかも?!と心配することはありません。ひこう性脱毛症の場合、フケがかさぶた状になり毛穴を塞いでしまうほどの異常なフケの量ですから、少し気になる程度は乾燥か、過剰皮脂分泌、その他皮膚のトラブルと考えていいでしょう。雑菌とは言うものの、実はこの菌は常在菌です。もともと頭皮に居る菌がホルモンバランスの変化などで異常繁殖してしまうことで悪さをします。ひこう性脱毛症の場合このように皮膚の角質異常が原因ですから、過剰皮脂分泌のような症状は発生しません。また、アトピーやその他アレルギー症状を持っている人は起こしやすいと言われる症状です。

対策

ひこう性脱毛症の場合、皮膚が炎症を起こしてフケが大量に出ている状態です。むやみにフケをゴシゴシと取り除こうとすれば、皮膚を傷つけて更なる炎症へとつながります。まずは頭皮環境を整えることを意識して、シャンプーを変えてみましょう。市販の300円台のシャンプーは刺激の強い高級アルコール系と呼ばれるシャンプーであることが殆どです。アミノ酸系シャンプーであれば刺激も少なく頭皮を洗うことができますから、使用してみてください。また、アミノ酸系だと泡立ちがなくて洗った気がしない…という方もいますよね。本来髪の汚れはお湯だけでも8割がた落とせると言われています。まずはお湯でゆっくり、しっかり髪をすすぎ、その後シャンプーをすれば十分な水分を含んで泡立ちもよくなりますよ。食生活ではビタミンB群や食物繊維が含まれる食材を積極的に取り入れるようにしましょう。レバーや牛乳、かつお、さんま、バナナなどに含まれています。ナッツや脂身の多い肉、菓子類は脂肪分を多く含むので控えるようにしてください。唐辛子などの刺激の強い食べ物にも注意するようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?少しのフケであれば乾燥や皮脂の過剰分泌が原因ですのでストレスのない食生活を意識して生活し、シャンプーや整髪剤を見直すようにしましょう。かさぶた台のフケがあるし薄毛も気になるという方は、病院へ行って診察してもらってくださいね。

-サプリ, シャンプー

Copyright© HairPlus(ヘアープラス) , 2018 All Rights Reserved.