AGA シャンプー 食事

つむじから薄毛が進行してきた!原因・対策まとめ

更新日:

鏡を見たら、なんだかつむじが広がっている気がする…!もしかして禿げはじめたのかもしれないと悩むあなたに今回はこの現象の原因と対策をご紹介していきます。

つむじハゲとは?

つむじハゲ。つまりは頭頂部から薄毛が進行してきている状態ですよね。原因は大きく分けて2種類考えられます。1つはAGAという男性型脱毛症という、薄毛の原因となっている症状です。もう1つは生活習慣の乱れやストレスによる脱毛です。10円ハゲで有名な円形型脱毛症もストレスが主な原因とされていますが、体のコンディションによって髪の毛が少なく感じることもあり得るのです。では前者のAGAに関してどんなものなのか具体的に見ていきましょう。

つむじハゲの原因はAGA

AGAとは男性型脱毛症という名前の通り、男性ホルモンの変化によって起こる症状です。髪の毛が薄くなる部分は頭頂部と髪の毛の生え際が中心で、日本で3人に1人おり、そのうち約2人に1人が症状を気にしていると言われています。残念ながら、放置するとその分進行を続け、自然に症状が治まることはありません。ではどんな働きが頭皮でおきてしまっているのでしょうか?

AGAの場合、いままで体毛の成長を促す働きのあったホルモンが、成長を弱めてしまう働きがあるホルモンに変化します。すると、いままで太く長い毛を生み出していた正しいサイクルが乱れ、サイクルが短くなることで細く短い毛の段階で毛が抜け落ちてしまいます。このホルモンの変化、悪い働きを抑えるか、も悪い働きを超える栄養を髪に与えるか、もしくは髪の毛ごと一新するかといった方法でしか解決することはできません。

AGAとは?AGAの症状・原因・対策は?

つむじハゲの対策

今回は、対策の中でもまず自分でできる基本の対策方法をご紹介します。基本的には生活習慣の乱れやストレスを軽減し、外部からできる限り髪や頭皮に悪影響だとされるものを摂らないようにします。

・不規則な生活を改善

まずは、暴飲暴食、睡眠不足、偏った栄養バランスの食事をやめましょう。これらは全て体のコンディションを悪くし、血行が悪くなるため髪に栄養が届きにくくなります。栄誉が行き届かなければ当然、髪は細く短い毛になってしまいます。

・お酒とたばこ控える

次にお酒、たばこを控えることです。お酒は体内に入ってから、分解するのに多くの絵要素を消費します。そのため、本来髪に行き届くはずだった栄養素が届かなくなるのです。また、たばこの場合、頭皮環境を整えるビタミンCを多く消費してしまいます。どうしてもやめらえれない場合は、別の形でビタミンを補充するなど措置が必要です。

・ストレスを減らす

ストレスを抱えると髪の生成に必要な亜鉛を大量に消費してしまいます。また、ホルモンバランスをよりAGAの症状を加速させる形で乱れさせてしまったり、血流を悪くする可能性もあります。ストレスは溜め込まずに自分にあった方法で随時吐き出すようにしましょう。

・シャンプーを変える

刺激の強いものをつかっていないか。洗い方は正しいのか、洗った後はしっかり乾かしているのかを確認しましょう。刺激の強いシャンプーは頭皮環境を悪化させ、逆にフケの原因になったり、かゆみを引き起こす場合もあります。できるだけ刺激の少ないシャンプーを選びましょう。洗髪の際には事前に髪をブラッシングし、十分に髪の毛をゆすいだ後、指の腹でマッサージするように洗ってください。シャンプー後は生乾きにならないようしっかりドライヤーでこちらもゆっくり丁寧にドライヤーを近づけすぎないように注意しながら乾かすようにしましょう。

つむじハゲの原因と対策まとめ

AGA特有の治療法は薬の継続的な服薬や手術による植毛、再生医療など様々な方法があります。

AGAとは?AGAの原因と対策方法をご紹介

まずは自分の生活を改善してみて、それでも効果が無いようならAGAの専門クリニックに相談に行ってみてください。様々な治療法の中から一人一人にあった治療法を医師が提示してくれるはずです。

https://hairpura.com/thinning-hair_free_check

-AGA, シャンプー, 食事

Copyright© HairPlus(ヘアープラス) , 2018 All Rights Reserved.