シャンプー 増毛・育毛

ヘアワックスが薄毛・ハゲを促進!?原因と対策をまとめて紹介

投稿日:

ヘアスタイルを気にする人であれば誰しも使っていると言っても過言ではないワックス。でも薄毛の原因になると聞くと使用するのが怖くなりますよね。今回はこのヘアワックスの影響について紐解いていきます。

ヘアワックスの成分ってなに?

大抵のヘアワックスに多く含まれているのが合成界面活性剤。特に石油系の界面活性剤は刺激が強いことで有名です。肌の弱い方やシャンプーなどに気を使っている方はすでにアミノ酸系の洗剤に変更しているのではないでしょうか。ではどう刺激が強いのか?合成界面活性剤は、たんぱく質を壊す働きがあると言われています。また、本来頭皮は弱酸性ですが、石油系の界面活性剤は頭皮環境をアルカリ性に変えてしまう働きがあるので、頭皮のバランスが崩れて、炎症などを引き起こす場合もあります。当然、炎症を起こすような頭皮環境では髪の毛は細く、短く健康的に育つことはありません。安価なシャンプーや洗い上がりがすっきりしているシャンプーにも多く含まれていることが多く、入っていると泡立ちがよく洗っている感を味わうことはできますが、実際は洗浄力が強すぎるため、肌が乾燥し酷い場合は脂漏性皮膚炎やかゆみ、炎症の原因となります。シャンプーもヘアワックスも合成界面活性剤が入っているという方は、だいぶ頭皮に負担がかかっていることが考えられますから使用するものを変えたほうがいいかもしれません。

毛穴詰まりの原因になる?!

さらにワックスは毛穴詰まりを起こしやすいと言われています。ハードワックスであればあるほど、粘着力が強く、キープ力も強いのはみなさんも実感しているところだと思います。あのキープ力は油分が多く含まれることで実現しています。油分が多く含まれていると髪から洗い流しづらくなり、きちんと洗い流せなかったワックスが毛穴詰まりを起こすのです。毛穴が詰まると毛が成長することを詰まりが阻害しますから、毛は成長しずらくなります。また、ワックスが一度洗っただけでは落ちていない気がする…と感じたことがある人も少なくないのではないでしょうか。洗い流せていないと感じると結果的に2度洗いやゴシゴシと頭皮をこすっての洗髪を行うことになり、頭皮にダメージを与えてしまいます。さらに合成界面活性剤入りのシャンプーなどで洗髪を行っている場合、食器洗剤で2度洗い、ゴシゴシ洗いをしているのと変わりませんから、ダメージが大きいのは想像がつくはずです。

対策方法

ワックスにも合成界面活性剤をしようしていないものもあります。自然由来のもののみで作られたものや、ノンシリコン、石油系界面活性剤フリーのものなど、お値段は1,000円以上からと高くつきますが、積み重ねで髪が薄毛になってしまえば、その治療費はこんなものでは済みません。自分への投資だと思って少し効果で成分が強くないものを使用するようにしましょう。なかでも手に入りやすくおすすめなのが「プロダクト」。天然由来のオーガニック成分でできています。キープ力という点ではやや弱い印象がありますが、この日はきめたい!という日を除いては十分活躍してくれるブランドです。手や唇に塗っても問題のないブランドですから、保湿クリームを持ち歩いている方は荷物も少なくなって一石二鳥ですよ。

また、どうしても今日はキープ力の強いワックスを使いたい!という日は、ワックスのつけ方とシャンプーの仕方を特に気をつけましょう。ワックスは頭皮に直接つくことがないように、毛先を中心につける。シャンプーは事前のブラッシングと予洗いをきちんとして、泡立ち易い環境を整える。これだけでもだいぶ変わってきますよ。シャンプーのやり方についてのより詳しい情報は下記の記事を参考にしてください。

まとめ

ワックスは自分を素敵に変身させてくれる素晴らしいアイテムですよね。上手に利用して頭皮を傷めることなくヘアスタイルを楽しめるように生活していきましょう。

 

-シャンプー, 増毛・育毛

Copyright© HairPlus(ヘアープラス) , 2018 All Rights Reserved.