シャンプー

生え際から薄毛になる男にお風呂で行う4つの薄毛対策を教えよう。

更新日:

この記事では、生え際から薄毛が気になりだした方、特に男性に向けたお風呂前後にできる薄毛対策方法をまとめた記事です。今日からできるかんたんな対策で薄毛の進行はコントロールできます。ただ、薄毛から抜け出す改善策とまではならないので、増やしたいなら専門家に相談が必要です。

薄毛とは、鏡を見るたびにせつなくなる心。

夏を終えた涼しい季節も、よりせつなくなる感を増してきます。

「生え際の薄毛はみっともない。だって正面から見た顔面に大きく影響するから。」

こんなことを奥さんだったり、彼女だったり、母親に言われたら心をすり減らします。そして、余計な神経を使い続けます。

今日はお風呂前後で薄毛を進行させない4つの対策を参考に、まずは生え際の薄毛にSTOPをかけていきましょう。

生え際から薄毛になる男に足りていない4つの対策とは。

最初はぬるま湯で毛穴を開かせろ!

シャンプーで効果的に頭皮の汚れを落とすには、まず大事なのは毛穴を開かせること。

そこで、まずはシャンプーの前に、ぬるま湯で頭皮をあたためましょう。ゆっくりマッサージしながらだとなお効果的。

シャワーで水分を全体に行き渡らせ、全頭に血行を意識する。とにかく血行。

洗い残すな、そのシャンプー!

生え際の薄毛の原因、その一つとして、シャンプーの洗い残しによる、頭皮の毛穴が詰まることで、の血行不良、つまり、血流が悪くなることがわかっています。

そのため、血行不良を起こさないためには毛穴を詰まらせないことが大事。とにかくあたためること。

そして、シャンプー時に一番危険な行為が、結構をよくするため、という意識が強すぎて、ゴシゴシやってしまうこと。

逆に頭皮を痛めてしまうことで、逆効果になってしまうため、爪ではなく指で優しく、そして血流アップを意識する目的でシャンプーしてください。

髪の水分バランスだいじ!

薄くなる一番の原因は髪の毛が細くなるから。

細くなる原因の一つに、髪の毛の水分不足があげられます。

お肌もそうですが、髪の毛も保湿が大事。保湿を補ってくれるのはトリートメントですね。

じっくり時間をかけて、シャンプーからのトリートメント、入浴でリラックス、そして、トリートメントで洗い流す、など、お風呂タイムの順番も工夫すると、毎日対策することができますよ。

適温、適切なドライヤーでちゃんと乾かす!

お風呂に入ったらドライヤーは使わずに、自然乾燥やー、って男性も多いと思いますが、自然乾燥はより乾燥を促してしまい、髪や頭皮には逆効果の場合もあります。

そのため、髪の毛を濡らしたら、必ずドライヤーで乾かす対策を絶対にしましょう。

びしゃびしゃの髪の毛をいきなりドライヤーかけると時間もかかり、頭皮にも温風のダメージがかかるため、きちんとタオルドライして、最初は【強】モードで、頭皮含めて全体を一気に乾かした後、部分的に【弱】モードで、毛先までまんべんなく乾かしましょう。

薄毛対策は所詮対策。もとに戻るには専門家に相談。

といういことで、お風呂でできる薄毛対策のポイントをまとめましたが、結局、対策は対策でしか無く、やってたら、いつの間にかふさふさになることはなく、薄毛の進行を少し遅らせる程度だと思ってください。

本格的に、過去のふさふさを取り戻したい!ってことであれば、専門家に相談しないと解決できません。

是非一度、無料のヘアチェックを受けることをおすすめします。

無料でヘアチェック・相談・カウンセリングができる17クリニック

-シャンプー
-, , ,

Copyright© HairPlus(ヘアープラス) , 2018 All Rights Reserved.