AGA

自毛植毛の手術方法FUT法とは?メリット・デメリットは?

投稿日:

自毛植毛といえばその方法として有名なのが、FUE法とFUT法ですよね。今回はその中でもFUT法に関してそのメリットとデメリットをご紹介していきます!

FUT法とは

FUT法はストリップ法という1995年に提唱された施術方法です。FUE法より早くその方法が生まれたこともあり、現在の植毛手術の事例の内、7割近くがこの手法と言われています。後頭部や側頭部といったAGAの影響を受けにくいとされている箇所から皮膚ごと毛を切り抜き、その毛を該当部分に植毛していきます。植毛の際には皮膚を植え付けるのではなく、皮膚から採取した毛根を植毛していきます。メスで頭皮を切り抜き、切り抜いた箇所を縫合するため、FUE法に比べ大掛かりな手術が行われます。

  • メリット生きた毛を採取しやすい

FUT法のステップは大きく分けて3つあります。

  1. 頭皮から皮膚ごと毛を採取
  2. 皮膚から毛を採取
  3. 植毛

上記のステップからも分かるように、2つめの皮膚から毛を採取する作業は患者の手の離れたところで行われます。FUE法の場合、生え方を予測し、医者の技術と経験に任せて毛の採取を行ってきます。患者を前にしながら皮膚の見えない部分はあくまで予測しなければなりません。それに比べてFUE法の場合、ゆっくりと確認し、皮膚も細かく切り分けながら毛採取できるのですから、健康な状態で毛を採取するにはFUE法のほうが優れていることは言うまでもありません。また、綺麗な状態で採取ができることから定着率も高いです。

  • 採取できる量が多い

FUEの場合、広範囲から間引くように毛を採取していくため、当然間引く量が増えれば部分的に薄毛に見える場合があります。特に日本人は欧米人に比べ、毛の密度が低いと言われているため、採取した部分の薄毛が気になりやすいといえます。具体的にFUEの場合、採取できる量は4000株程度と言われており、FUTの場合は6000株以上とされています。

  • 場合によってはFUEより目立ちにくい

スポーツ刈りや短髪のヘアスタイルを望む場合、どんなに腕のいいドクターでも傷跡は残るので目立ってしまいます。ただし、もともと長髪や、髪の毛を長めにセットする予定の人はFUE法を選択することで、傷跡が目立ちにくくなります。下手にFUE法で大量に毛を採取してしまえば、虫食いのように薄毛が目立ってきてしまいますが、FUT法の場合、傷跡が近辺の毛で隠れるようであれば、違和感がありません。

デメリット

  • メスを使った手術

メスを使って皮膚を切り取る手術ですから、FUE法よりも恐怖心は大きいかもしれません。麻酔も使う手術になりますので、手術が怖いという方にはオススメできません。

  • 傷跡が残る

みなさんも一番気になる部分かと思いますが、やはりメスを使う以上傷跡はできてしまいます。坊主ヘアや短髪を楽しみたい方は特に傷跡が目立ってしまいます。せっかく植毛したのに自分が望むヘアスタイルにならなかった…。ということがないように、事前に医師とすり合わせが必要です。また、手術の際には必ず採取部分の毛を刈ります。採取部分の毛がないという意味でも、傷跡は目立ちやすく、人に植毛がばれたくないという方は、何かしらの対処が必要となります。

  • 採取する毛の量によって傷跡が広くなる

毛の密度が薄い場合、当然目標とする採取量を確保するために傷跡は大きくなります。自分の密度が濃いのか、薄いのか、傷跡はどれくらい大きくなるのか。確認するといいでしょう。

  • 術後の経過観察が必要

手術を行うため、術後の腫れのチェックなど翌日以降の通院を進めているクリニックが殆どです。また、赤みに関しては3ヶ月程度続きます。髪を染める、パーマをあてるなどのヘアスタイルを楽しむには個人差はあるものの約3ヶ月以降であれば問題ないとされているため、実際にヘアスタイルを楽しめるようになるには少し時間が必要です。

まとめ

2回にわたってFUE法とFUT法のメリットとデメリットをご紹介してきました。それぞれ強み隣る部分がありますから、自分に最適な方法を医師に相談して決めていただければと思います。

自毛植毛の手術方法FUE法とは?メリットは?デメリットは?

-AGA

Copyright© HairPlus(ヘアープラス) , 2018 All Rights Reserved.