AGA 増毛・育毛 食事

女性男性型脱毛症(FAGA)とは?原因は?対策は?

更新日:

女性でも年齢を重ねるごとに気になってくるのが薄毛。男性のようにつるっぱげになることはないですが、薄毛だからと言って坊主にはできませんよね。今回はそんな女性の薄毛に関してご紹介していきます。

女性男性型脱毛症って?

男性の薄毛といえばAGAですよね。AGAの原因は男性ホルモンの変化によって起こります。この変化、女性にも関係しているので一度詳しくご説明しますね。男性ホルモンはさまざまあれど、髪の毛に関係してくるものには「テストステロン」という男性ホルモンがあります。こちらのホルモンは髪の毛を育てるのに良い働きをするホルモンです。このホルモンが加齢や体質、生活習慣によって変化するのが「ジヒドテストステロン」です。このジヒドテストステロンは髪の毛の成長サイクルを乱し、細く、短い毛を生み出すため薄毛の原因を作っていきます。女性にも少なからず男性ホルモンはありますから、同様にホルモンの変化は起こります。薄毛の最大の原因は男女問わずこのホルモンの変化なのです。

なんで男性と女性の薄毛は違うの?

では、なぜ女性の脱毛は男性の脱毛のように頭頂部やおでこの生え際から…といった特徴がないのでしょうか?それは女性ホルモンのエストロゲン量が関係しています。女性ホルモンは女性らしい体型を生み出すだけでなく、髪の毛を育てる働きがあります。若いうちから薄毛の人は少ないですよね。それはこの女性ホルモンの生成が盛んなためです。女性ホルモンがたくさんつくられれば、必然的に男性ホルモンの濃度は低くなりますから、エストロゲンの働きが強くなり特に気になるほどの抜け毛にはなりません。女性ホルモンは35歳頃から減少するとされているため、この時期に薄毛が気になりだす女性が増えていきます。男性と違い、頭皮全体にボリュームがなくなったような薄さを感じるのが特徴です。特に頭頂部から症状がでることが多いです。

対策は?

本来、男性のAGA対策で使用されるフィナステリドを服用すれば男性ホルモンの変化を抑制することができます。しかし、女性は服用することができないため別のアプローチが必要となります。FAGAの原因はホルモンの乱れやストレス、ダイエット、飲酒・喫煙、自律神経の乱れなどと言われています。まずは自分自身の生活習慣を見直し、ストレスフリーな生活を心がけることから始めてみましょう。髪の毛はたんぱく質で生成されているため、タンパク質やビタミンを普段より意識してとってみてください。また、喫煙や睡眠不足は血流を悪くし、髪を育てるのに必要な栄養が行き届かなくなるので、本数を減らす、十分な睡眠時間を確保するなど生活習慣を変えてみましょう。

ホルモンバランスを整えるためには市販の育毛剤や、AGA専門クリニックなどでオリジナルにつくられているビタミン剤を服用してみるのもオススメです。それでも効果がみられない、またはなるべく早く治したいということであれば、再生医療のHARG療法や自分の毛を薄毛部分に植毛する自毛植毛についても医師に相談してみるといいでしょう。AGAクリニックに抵抗がある方は美容外科クリニックでも比較的薄毛治療の取り扱いがありますので、チェックしてみてくださいね。美容外科クリニックであればどんな症状で来たのか周囲に分かりにくいですし、女性向けの建物や、受付も女性のことがほとんどですので安心ですよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?女性の薄毛FAGAもAGA同様男性ホルモンが悪さをしていましたね。でも、鍵になるのはホルモンバランスの乱れを正すことです。男性以上に普段の生活が影響してきますので、日々の心がけをさぼらず少しづつ治療していきましょう。

 

-AGA, 増毛・育毛, 食事

Copyright© HairPlus(ヘアープラス) , 2018 All Rights Reserved.