AGA 増毛・育毛

デュタステリドとは?効果は?副作用は?他薬品との違いは?

投稿日:

AGAについて調べ始めるとよく目にするデュタステリド。フィナステリドなど似たような名前の成分も多くよくわからない…という方も居るのではないでしょうか。今回はデュタステリドについて詳しく解説していきます。

デュタステリドってなに?

デュタステリドは、AGAの治療薬として処方される薬に含まれる成分。一般的に「ザガーロ」という比較的最近の薬に含まれています。効果が現れるかどうかは、一人一人のAGAの原因によって異なります。

ここでおさらいしておきたいのが、AGAの原因。AGAはテストステロンという男性ホルモンがジヒドテストステロンというホルモンに変化することで症状がでてきます。テストステロンが変化する際に必要となるのが、酵素の5αリダクターゼ。テストステロンと5αリダクターゼが結合することによってジヒドテストステロンになります。実はこの5αリダクターゼ、Ⅰ型とⅡ型がありどちらの作用を受けるかによって対処法も異なるのです。

今までⅠ型に作用できる成分は分からず、原因になりやすいⅡ型に作用する薬が処方されがちでしたが、デュタステリドはⅠ型とⅡ型のどちらでも作用します。また、他の成分にくらべ3倍程度効果が高いと言われています。

フィナステリドとの違いは?

一方、名前が似ているフィナステリドはⅡ型にのみ作用する薬です。有名な薬は「プロペシア」で近年、AGA専門クリニックではなくても皮膚科や、泌尿器科などでも取り扱われることが多くなりました。古くからある薬なのはもちろんですが、最近特許が切れたことや、ジェネリック薬品が安価な金額で手に入ることからも治療に使用することが多い薬です。ただし、副作用として精力減退や勃起不全などの症状も確認されているため、これらの副作用が気になる場合は他の治療法を試す人もいます。自分の薄毛の原因がⅠ型の悪影響だった…という場合、Ⅱ型に作用する薬を飲んでいても効果は現れませんから、それであれば最初からデュタステリドを取り入れるようにしたいですよね。

副作用はあるの?

では、デュタステリドもフィナステリド同様に精力減退や勃起不全といった副作用があるのでしょうか。残念ながらこの点に関してはYesです。上記の二つの副作用に加えて、味覚障害やアレルギー反応、下痢、めまい、女性化乳房などの副作用の可能性があります。また、効果がフィナステリドの3倍と高い分、副作用も発生確率が高く、深度も深い可能性が高いです。女性化乳房に関しては聞き馴染みのない言葉かと思います。この症状は乳腺の組織は増殖してしまうことで乳房が大きくなってしまい、乳頭のあたりにしこりを感じる現象です。男性ホルモンを抑制する働きがデュタステリドにはありますから、その影響で女性ホルモンの割合が多くなり発生する症状です。フィナステリド同、またはそれ以上にこれらの副作用が出て困る場合は、別の方法を考える必要が有るでしょう。

自毛植毛に関しての詳しい記事はこちら

自毛植毛とは?手術方法は?メリット・デメリットは?

HARG療法に関してはこちら

最新の薄毛治療メソセラピー療法・HARG治療とは?メリット・デメリットは?

また、効果が高い分副作用はつきものですが。中でも気をつけたいのが肝機能障害です。特段肝臓に問題を抱えていなければ大きな心配は必要ありませんが、肝臓に持病を抱えている場合は話が別です。必ず処方してもらう際に持病に関してはきちんと伝えるようにしましょう。また、女性の薄毛FAGAには効果が全くありませんので、女性の方は別の方法で薄毛を改善してください。

まとめ

いかがでしたか?効果が高い分副作用も多かったヂュタステリド。副作用も含めて納得した上で使用する分には問題はないでしょう。自分に一番合った治療方法を見つけてくださいね。

-AGA, 増毛・育毛

Copyright© HairPlus(ヘアープラス) , 2018 All Rights Reserved.