AGA サプリ

AGA・薄毛に有効とされるザガーロとは?プロペシアとの違いは?副作用は?

更新日:

最近になって注目を集め始めたAGA治療薬のザガーロ、プロペシアやリアップより効果があるという噂を聞いた方もいらっしゃるはずです。今回はそんな注目の的であるザガーロの基礎知識について確認していきます!

ザガーロとは?

ザガーロは2015年に国内で使用認可がおり、2016年にイギリスに本社を置くグラクソ・スミスクラインという製薬会社が発売を開始したAGA治療薬です。有効成分は「デュタステリド」というもので、プロペシア同様、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンが生み出されるのを抑制することによって、ヘアサイクルを正常な状態に近づけ、太く長い髪の毛を生み出していきます。ジヒドテストステロンは髪の毛の元となる毛母細胞の成長を弱めてしまう働きがあるため、ジヒドテストステロンの生成を抑制することがAGA対策へとつながるのです。

AGAでヘアサイクルの乱れが薄毛につながる詳しい説明はこちら

ザガーロとプロペシアの違いは?

では、ジヒドテストステロンを対象に同じような働きをするプロペシアとザガーロにはどのような違いがあるのでしょうか。まず1つ目は有効成分が違うということです。ザガーロは「デュタステリド」なのに対し、プロペシアは「フィナステリド」という成分が有効成分です。2つ目は、テストステロンをジヒドテストステロンに変化させる原因物質である5αリダクターゼという還元酵素に対する働きです。5αリダクターゼには2種類あり、1型5αリダクターゼ、2型5αリダクターゼというものがあります。1型5αリダクターゼは全身の皮脂腺に存在しているのに対し、2型5αリダクターゼは前立腺と頭頂部の毛頭部に存在するため、一般的なAGA対策では、頭頂部とおでこの生え際に特徴的に薄毛の進行が見られることから、2型5αリダクターゼにアプローチをかけていきます。プロペシアはこの2型5αリダクターゼに対して効果を発揮する薬です。また、今までは1型5αリダクターゼに効果を示す代表的な薬はありませんでした。しかし、ザガーロは違います。1型5αリダクターゼ、2型5αリダクターゼ共に効果を発揮する薬なのです。今まで、プロペシアを試したけど効果が無かった…という方には嬉しいニュースですよね。また、これから治療される方も試行錯誤することなく1回で効果を検証することができるのは嬉しいはずです。

1型5αリダクターゼ、2型5αリダクターゼに関する詳しい説明はこちら

副作用はどんなものがあるの?

では、副作用はどんなものがあるのでしょうか。実は効果が強い分副作用も強いのがこのザガーロ。しっかり確認していきましょう。

重大な副作用

  • 肝機能低下
  • 黄疸 ※眼球や皮膚が黄色く染まる症状

発生頻度が1%以上の副作用

  • 性欲減退
  • 勃起不全
  • 精液量減少

1%未満

  • 乳棒障害
  • 腹部不快感

頻度不明

  • 精巣痛
  • 脱毛症(主に体毛脱落)
  • 多毛症
  • 腹痛
  • 下痢

参照:http://database.japic.or.jp/pdf/newPINS/00065940.pdf

男性器の副作用は他のAGAの薬でも多く見かけますが、ザガーロに関してはそれ以外の全身の症状に関しても副作用が多いことがわかります。また副作用の報告に関してもプロペシアが5.0%なのに対し、ザガーロは16.7%と発生率が高かったことが伺えます。

プロペシアの副作用に関して詳しくはこちら

副作用を覚悟の上で使用するのはどの薬も同様ですが、ザガーロの場合心配される範囲も大きいので、正しい理解なしに使用することはおすすめできません。また、ザガーロを服用している人は献血ができません。もちろん輸血も不可です。献血を希望する場合、休薬期間が6ヶ月以上ないと献血できないようです。プロペシアの場合1ヶ月といわれているため、薬の抜けがザガーロのほうが遅いことも同時に分かります。

まとめ

効果が期待されるザガーロ。効果が高い分、副作用の心配も多少大きい使用の際には必ずかかりつけの医師、またはAGA専門医のもとで診断を受けた後に使用するようにしましょう。

-AGA, サプリ

Copyright© HairPlus(ヘアープラス) , 2018 All Rights Reserved.