AGA サプリ

AGAの原因1型・2型5αリダクターゼとは?対策はできるの?

更新日:

AGAについて調べていくとたどり着くのが1型・2型5αリダクターゼという言葉です。AGAの原因と言われることも多く、プロペシアの効果にも関係していると言われています。薬を効果的に活用するためにも、どんなものか確認していきましょう。

5αリダクターゼとは?

AGA(男性型脱毛症)は、男性ホルモンであるテストステロンがジヒドテストステロンに変化することで症状が発生します。このジヒドテストステロンにテストステロンを変化させてしまうのが、5αリダクターゼという還元酵素です。5αリダクターゼは通常、テストステロンの働きをサポートし、骨や筋肉、精子の生成などの体に不可欠な酵素です。ただし髪の毛だけに注目してしまうと、その存在は薄毛の原因になります。分泌量には個人差があり、遺伝が原因とも言われているため、「薄毛は遺伝」という話はあながち間違いではないかもしれません。最近では、プロペシアという薬を飲み続けることで薄毛の症状を緩和することもできますが、まったく効かない!といった口コミも目にしますよね。実はプロペシアが効果を発揮するのは、2型5αリダクターゼです。1型5αリダクターゼには効果を示しません。それなら1型5αリダクターゼの影響が強かったらどうすればいいの?と思った方も多いはず。まずは2つの違いについて確認していきましょう。

1型・2型5αリダクターゼの違い

  • 1型5αリダクターゼ

全身の皮脂腺に存在

  • 2型5αリダクターゼ

前立腺と頭頂部の毛頭部(毛根の先端部)に存在

男性の薄毛の症状は生え際や頭頂部にでてきますよね。2型5αリダクターゼは前立腺と頭頂部の毛頭部(毛根の先端部)に存在していますから、生え際や頭頂部に症状がでる時点で2型5αリダクターゼの影響を受けている可能性が高いと考えることができます。普段の生活の中で、正確にどちらの影響を受けているか確認することはできないので、AGAを疑い、治療を始める際には医師に相談の上、プロペシアを服用してみるなど片方ずつ効果が出るか確認してみるのが良いでしょう。

対策方法は?

対策方法も1型・2型5αリダクターゼどちらの影響を受けているのかによって変わってきます。

  • 1型5αリダクターゼの抑制成分

ノコギリヤシ・亜鉛・緑茶エキス・キャピキシル・アゼライン酸(小麦など穀類に含まれる)・サンショウエキス・オウゴンエキス・チョウジエキスなど

  • 2型5αリダクターゼの抑制成分

フィナステリド・ノコギリヤシ・亜鉛・アロエエキス・ヒオウギエキス・リモネンなど

2型5αリダクターゼの場合は、医師に相談の上プロペシアを服用してみるのは一つの手です。また、1型・2型5αリダクターゼ共に普段の食生活で摂取できる成分は少ないですよね。ビタミンなどもサプリメントがあるように、これらの成分もサプリメントがあります。特に1型5αリダクターゼが原因の場合は、プロペシアのような薬はないので、抑制するためにはサプリメントでの成分摂取が必要です。2型5αリダクターゼの場合にも薬と合わせて服用することで、効果を最大化していきたいですね。1型・2型どちらの抑制成分も試すことは、手っ取り早い方法ではありますが、特に薬を飲んでいる時には効果が出た際に、何が効果的だったのか判断が付きづらくなる方法でもあります。まずは可能性の高い、2型5αリダクターゼに対する治療から始めてみましょう。また、どちらにも共通している対策はストレスを溜めない規則正しい生活習慣。特にタバコやお酒は髪の毛に必要な栄養素を消耗し、栄養不足を起こします。生活習慣も含めて改善し、丈夫な髪の毛を維持しましょう。

まとめ

AGAには1型・2型5αリダクターゼが密接に関係していることがわかりましたね。ここまで情報を集めれば下準備は整っていますので、生活習慣の見直しや、薬の処方などまずはお医者さんに相談して治療を開始してみましょう。無料で相談やヘアチェックなどが行えるクリニックも多数あるので、是非チェックしてみてください。

無料でヘアチェック・相談・カウンセリングができる17クリニック

-AGA, サプリ
-, ,

Copyright© HairPlus(ヘアープラス) , 2018 All Rights Reserved.