AGA サプリ 増毛・育毛

AGAとは?AGAの原因と対策方法をご紹介

更新日:

薄毛が気になりだすと嫌でも耳に入ってくるAGA。今回はAGA初心者のためにAGAの基礎的な知識をお伝えしてきます。

AGAとは

AGAとはAndrogenetic Alopeciaの略称で、日本語では「男性型脱毛症」のことです。サザエさんでおなじみの波平を思い出すと分かりやすいと思いますが、髪の毛が薄くなる部分は頭頂部と髪の毛の生え際が中心です。もちろん、症状には個人差があり、頭頂部のみ、または生え際のみ症状が出る人もいます。側頭部の髪の毛は多くの場合影響が少なく、その原因に関しては後ほど解説したいと思います。AGAに悩む人は日本で3人に1人はいると言われており、そのうち約2人に1人が症状を気にしていると言われています。AGAは残念ながら、放置するとその分進行を続け、自然に症状が治まることはありません。薄毛が気になる場合はなんらかの治療を始めることをおすすめします。

AGAの原因

では、AGAの原因はなんなのでしょうか?先ほど「男性型脱毛症」とご紹介した「男性型」という点がポイントになります。AGAの原因は男性ホルモンの変化によっておこります。男性ホルモンの中でもテストステロンというホルモンが5αルダクターゼという酵素と結びつき、ジヒドロテストステロンという同じく男性ホルモンに変化することによって症状が発生します。テストステロンは、男性の睾丸などで分泌されるもので、ヒゲや体毛の成長を促す働きをするものですが、対照的にジヒドロテストステロンは髪の毛の元となる毛母細胞の成長を弱めてしまう働きがあるため、ジヒドステロンが増えると毛の成長期が短くなり、長く、太い十分な毛に育たないうちにサイクルをむかえて毛がぬけてしまうのです。つまり、AGAによる薄毛の多くは、毛母細胞がなくなったことによって起こるのではなく、成長サイクルが短くなったことにより、毛が生えている実感がもてないことが原因なのです。このホルモンの変化に個人差があるのは、5αルダクターゼという酵素を生み出しやすい体質であるかが関係しています。薄毛が遺伝と言われることが多々ありますが、実際5αルダクターゼの分泌量は遺伝する可能性があり、父、祖父にAGAの症状がある人は注意が必要です。

AGAの対策方法

近頃ではAGAに対する治療も様々なものができています。一部ではありますが治療法を確認してきましょう。

  • 薬の服薬

AGAの症状は継続的な服薬によって症状を抑えることができます。手軽に始められる反面、効果がでるまで6ヶ月〜3年と言われているため、継続的に飲み続ける必要があります。

ホルモン変化を抑える働きで有名なのがプロペシアという薬です。あくまで症状を抑える薬なので、服薬をやめるとどんなに毛が生えていても症状はぶりかえします。育毛の観点で有名なのは、ミノキシジルです。ミノキシジルはもともと高血圧患者むけに作られた薬で、血流を流れやすくすることで、栄養が毛に行き届きやすくする薬です。こちらも継続的な服薬が必要です。

薄毛・AGA対策のプロペシアとは?基礎の基礎

AGA・薄毛に有効とされる治療薬ミノキシジルタブレット・ミノタブとは

  • 植毛

字の通り、毛を植える手術です。最近では自分の毛を移植する自毛植毛という手法が注目されています。自毛植毛の場合服薬に比べて効果が実感出来るスピードは速いです。方法は2種類あり、側頭部の毛を皮膚ごと採取するFUT法と一本一本ストローのような針で毛を採取していく、FUE法があります。痛み度合いやヘアスタイルに合わせて手法を組み合わせた施術も可能です。

自毛植毛とは?手術方法は?メリット・デメリットは?

  • HARG治療

HARG治療は、髪に良いとされているビタミンなどの成分と共に成長因子を頭皮に直接浸透させていく方法です。成長因子によって細胞を再生させるいわば再生医療。HARG 治療の場合、一度発毛すれば薬の服薬は必要ないため、治療が完了すれば1年に1回定期検診に行くだけで、あとは普通の生活が送れます。

AGAの対策と原因まとめ

いかがですか?AGAの基本を抑えたところで早速治療に移りたい!と思った方も多いはずです。一人一人必要な治療法は違いますので、まずはAGA専門クリニックで医師に相談してみましょう。ご自身にあう治療法を提案してくれると思いますよ。

-AGA, サプリ, 増毛・育毛

Copyright© HairPlus(ヘアープラス) , 2018 All Rights Reserved.