体験談

AGA遺伝子検査キットAGAドック体験談!費用は?何がわかる?どこで買える?検査の流れは?

更新日:

「家系の男性が皆ハゲている」「周りから最近はハゲてきてない?と指摘された」「鏡を見たら髪が薄くなったように感じられた」、薄毛を気にし始めるキッカケは人それぞれだと思います。

そんな、薄毛を気にし始めた人におすすめなのが最近、医療業界でも注目されている予防医療の一種で、自宅で簡単に出来る遺伝子検査による、AGA(男性型脱毛症)の検査です。

値段はそれなりにしますが、遺伝子からAGAのリスクと、AGA治療薬との相性を明らかに出来ます。実際に、「自分はハゲる運命なのか?」を理解するだけでも、気持ちの整理や心構えに変化が生まれるはずです。

今回、薄毛に悩む筆者もAGA遺伝子調査キット(AGAドック)を購入して検査を行い、自分は本当にハゲる星の下に生まれたのかどうかを科学的に証明したので、是非参考にしてください。

 

そもそも何がわかる?なぜ受ける必要がある?

検査レビューの前に、まずは前提を整理します。AGA遺伝子調査キットでは前述の通り「1: AGAを発症しやすいかどうか」「2:AGA治療薬が効くかどうか」がわかります。これによって、AGA治療を受けたほうが良いか、またどういった治療を受ければ効果的かが明確になります。AGAは医療保険が適用外のため、決して安くはなく、継続的に行っていく必要があります。そのため、最初の段階から適正を知っておくことで、コストカットとリスク回避が出来るというわけです。

知りたい人だけ読めば良い詳しい説明

「1:AGAを発症しやすいかどうか」を補足しておきます。まず、AGAはジヒドロテストステロン(※以下、DHTと記載)という男性ホルモンがアンドロゲンレセプター遺伝子と結びつくことで、脱毛因子となりAGAの発症、進行を促します。


図1

今回の遺伝子検査では、そのアンドロゲンレセプター遺伝子におけるCAGとGGCという塩基配列が何回繰り返しているか、リピート数を調べます。CAGとGGCのリピート数の合計が、過去の調査実験おいて確認されたAGA発症者のリピート数の合計と比較した時に、その類似性からAGAのリスク度を算出しています。

「2:AGA治療薬が効くかどうか」に関しても補足をしておきます。AGAの進行を防ぐために、上の図1にある5αリアクターゼに作用して、ジヒドロテストステロンの生成を抑制するのがフィナステリドという治療薬です。前述した、CAGリピート数はフィナステリドの効き目と相関関係(例:リピート数が××だと薬の効き方が○○)があるため、薬の効き方が分かるということです。

 

AGA遺伝子調査キットはどこで購入できる?

AGA遺伝子調査キットは、Amazonなどの公式のECサイトで手軽に購入することが出来ます。しかも嬉しいのは、手元に届く際に封筒にはAGA遺伝子調査キットの様な記述は無く、会社名と品名の箇所には「雑貨」と記載されて届くので、荷物を受け取る人が自分ではない場合でも、プライバシーの保護が万全な状態となっています。

ECサイトが使えないという方のために、実店舗での販売も調べてみたのですが、確認することが出来ませんでした。残念ですが、AGA遺伝子調査キットを購入したい場合は、ECサイトで買い物が出来るようにしましょう。

 

購入できるAGA遺伝子調査キットの価格比較

過去には、スカルプDで有名なアンファーや、GeneLifeという会社がAGAに特化した遺伝子調査キットも出ていたようですが、現在は以下の4つがAmazonで購入できることが確認できました(2017年11月19日調べ)。

販売会社 商品名 価格 購入元
イー・ケイ・コム AGAドック 12,960円 公式サイト
株式会社プロップジーン ヒト体質遺伝子検査キット 16,480円 公式サイト
DCH 遺伝子検査毛髪対策キット 9,936円 公式サイト
遺伝子博士 美髪対策遺伝子検査キット 5,832円 公式サイト

 

AGAドックの開封から検査完了までの流れ

今回、筆者はイー・ケイ・コムのAGAドックをAmazonで購入しました。注文から2日目には手元に届く対応の早さでした。宛名書きは、もちろん会社名と雑貨のみで、自分で受け取りましたが、仮に彼女・奥さん・母親に受け取られても、ギリギリ言い逃れが出来る状態ではありました(怪しいので、言い訳した人は理由を考えておいたほうが良いですw)。

AGAドックの中身

AGAドックの中身は以下のとおりでした。

1.遺伝子検査・採取方法説明書
2.AR遺伝子検査同意書
3.検査申込書・AGAチェックシート
4.D番号シール
5.カルポーター(綿棒)
6.返信用封筒

AGAドックの検査方法

まずは、遺伝子検査・採取方法説明書の読み込みから。説明書は基本的に読まないタイプなのですが、呼んでみると今回の検査に関する補足や、AGAに関する説明が書かれていておもしろかったので、気づけば読破しておりました。以下、説明書の抜粋となります。

AR(アンドロゲン受容体)遺伝子検査とは?
AR遺伝子検査は、口腔内(頬の内側)の細胞を採取し試料として送付することで、脱毛症に関連するアンドロゲン受容体遺伝子について分析を行い、その結果を脱毛症に関する体質の情報として返送するものです。
AR遺伝子調査と脱毛症
-男性の場合-
AGAの約70~80%が遺伝子的要素により、加齢と共に脱毛症状が様々な形態(ハミルトン分類)で発症することが知られております。AGAに関連した遺伝子研究は1990年代に開始されており、現在ではX染色体のXq11-q12位置のAR遺伝子がAGAに関与していることと報告されています。AR遺伝子には3つの塩基(CAGおよびGGC)が繰り返されている(リピート)領域があります。また、男性の場合のAGAの発症リスクには男性ホルモンが大きく関与していると報告されております。そして男性ホルモンデアルテストロステロンは5α-還元酵素によってジヒドロテストステロン(GHT)に変換され、CAGおよびGGCがリピートしている領域近傍で作用することが報告されています。その結果、AR遺伝子のCAGおよびGGCのリピート領域を解析することで、男性ホルモンに対する感受性を知ることができ、AGAの発症リスクを調べることが可能になります。

-女性の場合-
AR遺伝子のCAGリピートを調べるものであり、疾患等の診断検査ではありません、CAGリピート数は遺伝子的にアンドロゲン濃度の上昇しやすさと関連があり、更にはエストロゲンなど女性ホルモンの働きにも影響を与える要因として考えられております。また、AR遺伝子はアンドロゲン濃度異常症及び多嚢胞性卵巣症候群(たのうほうせいらんそう)との関連が論文等で示唆されております。脱毛症については、生活習慣の改善等により遺伝子的リスクを低減させることが可能となりますが、脱毛症に対する遺伝子的リスクを知ることにより精神的な負担となるような場合があることも予想されます。リピート数は人によって異なり、男性の場合、CAGリピートは短いと前立腺がんの発症リスクに関係すると報告されている論文もありますが、それを否定する論文も多数あり、現在はその関係は解明されていません。また、本検査の目的と結果は前立腺がんの発症リスク判定、または診断ではありません。

次に、AR遺伝子検査同意書、検査申込書・AGAチェックシートの記載に移ります。「AR遺伝子検査同意書」の内容は氏名・住所・電話番号・生年月日など個人情報を記載。18歳未満の場合は、ここで親の承諾も必要になるためサインが必要ということでした。

検査申込書・AGAチェックシートに関しては、現在の毛髪の状態を12タイプから選択・抜け毛が気になり始めた歳・頭皮や毛髪で気になるところ・親族の薄毛状況・育毛剤の仕様経験の有無・クリニックでの診察有無・AGA治療薬の利用有無・生活習慣・AGA遺伝子検査を購入した同期に関して回答してきました。

最後に、細胞の採取です。カルポーターと呼ばれるデカイ綿棒で量頬の内側に押し付けながら、20回程度回転させる作業を行い、10分間感想させて終わりです。後は、カルポーター(綿棒)を入れた専用ケースに、同封のIDシールを張り付け、検査申込書や同意書を返信用封筒に入れ、ポストに投函するだけです。

 

AGAドックの検査における注意点

購入から、半年以内に細胞を採取して返送しないと別途調査費用として8,640円がかかるそうです。購入してからなるべく早く、検査を行いましょう。無駄なお金がかかってしまいます。

 

AGAドックの調査における感想

作業自体は3分くらいで終わり、しかも単純なので、「これで何が分かるんだ!!?俺の薄毛の分析はこの程度の作業じゃあ分からんはず!w」と思ってしまいした。薄毛に対するメンタルはガラスのハートですよ、イー・ケイ・コムさん・・・。頬の内側にカルポーター(綿棒)を強く押し当てて頬の内側の細胞を取る際、「本当にこれで細胞取れたの?」感が半端ないです。これで、「分かりませんでした!!」ってなるぐらいなら、俺の血肉やるからしっかり調べてくれと思った次第です。また、カルポーター(綿棒)で細胞取れたならなんらか反応して欲しかったです。変化のなさ故に、必要以上に頬をこすった気がします。

 

まとめ

遺伝子検査は、生涯一度だけ受ければ良いものです。心配だから若い時に調べたデータが無駄になるということも無いので、是非薄毛が少しでも気になる方は無駄なストレスや、間違った治療を行わないためにも、遺伝子検査を一度受けてみることをオススメします。また、もし検査を先に受けて、その後クリニックや病院等に行く機会ができた場合は、検査データを持っていきましょう。担当医の方とも、スムーズに話を進めることができます。

尚、検査の結果が出次第、結果に関する追記もしくは記事を作成するのでお楽しみに!

-体験談

Copyright© HairPlus(ヘアープラス) , 2018 All Rights Reserved.